建築工事、左官工事のプロによるブログ

本日は解体現場のゴミ出し!ラティスフェンスの取り付け!😃

こんばんは!

担当の高橋こと大ちゃんです!

 

本日は

ラティスフェンスの取り付け

先日お風呂の入れ替えに伴って解体をした現場のゴミ出し。

(合間合間で業者さんに物の受け渡しをしたり)

 

 

ラティスフェンス取り付け

先日より根掘りをしてブロックの埋め戻しをしていた

S邸の外構工事。

人工芝を敷く、物置の移動のついでに

購入したラティスフェンスを取り付けてほしい!という依頼でした😆

代表の鶴見と相談し、なるべく丈夫に設置する方向で決まり、

大きいブロックに柱材を挿し、固定して金物を取り付けることに!

既製品の支柱でもよかったのですが、北海道は土地柄

冬支度の時に抜く、養生などをしないと越冬したときに

錆び、歪み、故障、破損になる可能性が高いのです。

北海道は要注意です!!!

その為今回は支柱を専用のものではなく

体力のある柱材を選定

塗装剤も性能のいいもので2度塗り

尚且つ

フェンス自体の脱着が簡単な設計にしました😍

 

 

解体現場のゴミ出し

こちらは先日より

お風呂の入れ替えに伴って押入れの解体と、お風呂場の解体をしておりました。

そこで出た現場の産業廃棄物をトラックに乗せ、処理場に持っていき

分別して捨てました😁

 

別の記事でも同じことを書いておりますが

私たちは基本的に分別して自社で捨てております!

自社分別して捨てることになれると

色々なメリットが!😍

 

1、金額が安くなる

2、外注費も下がる

3、地球にやさしい

4、解体している現場がきれいになる

5、慣れると積み込みの順番などもこだわるようになる

6、そうするといつの間にかゴミ出しが楽しくなる!!!

 

1~3はいうまでもないですね!!

 

4の解体している現場がきれいになる、というのは

解体しているときのゴミもその辺に集めて堆積せず、

分別して置くことから始まり

大きさ別、長さ別、小さなものは袋につめる、

というように順を追っていく毎に気が付く点が多く、

どうしたら現場の導線を圧迫しないか?

他業者さんへ迷惑をかけない方法を考えるようになります。

私はなりました😆 

 

5、今度は現場から処理場に運ぶときの

積み込み順、どのごみを下に、上に、横に、と考えるようになり

そうすることによって処理場でゴミを降ろすとき楽になります。

 

 

6、いつの間にかゴミ出しが楽しくなる

ゴミ出しって普通に考えたらあまり

良いイメージはありませんよね。

私自身も若いころはいいイメージがありませんでした。

汚いとかそういうイメージがあったから。

 

でも分別しはじめて、やりがいを感じるごとに

環境を作っているんだ!🔥

現場を私たちが作っているんだ!という誇りを持てるようになりました🥰

 

こうして本日の業務が終了いたしました🌝

 

お疲れさまでした!

 

P.S.本日は許可の関係上写真を掲載できず

文字のみになってしまい申し訳ありません🔥

担当 大ちゃん