建築工事、左官工事のプロによるブログ

こんにちは!今日は私が思う物事の考え方について!

こんにちは!担当の高橋こと大ちゃんです!

 

私事ではありますが先日

車のカギを紛失して車が動きません・・・😅

 

会社の駐車場に止めたままで

商用車を止めるのに支障をきたしていたので

ロードサービスを利用し鍵開け、安全な位置に移動をし

車検証から製造番号を照会しディーラーに鍵の作成をお願いしました!!😘

その費用、なんと5600円!!!

2週間ほどで作成可能!

めちゃくちゃ安い!!!

(形式が少し古いのでエンジンスタートは鍵を挿して回すタイプ)

イモビライザーなどでのエンジンスタートボタンを押す式は費用が上がります。

妻にも相談して、発注😂

 

季節的にも気温がグンと下がり寒くなって、

財布も温まることを知らず寒くなるばかり・・・・(笑)

 

鍵の救急車も検討しましたが

当日にできる代わり10万円くらいかかるようだったので

諦めました。

 

 

そんなこんなでやっと

2週間後にマイカーが復活いたします(笑)

 

 

それでは本題!

私が思う物事の考え方、重要視するのはどこか?

 

私はいいこと、悪いこと、

わからないこと等、

目の前に何か起きた時、それの

”原因はなんなのか”

ここに焦点を当てフィードバックするクセがあります。

 

歩いていて転んだ時

”なぜ転んだのか”

を良く考えます。

 

物事は「結果=原因+原因」という持論的公式を持っていて、

※原因は2つ以上という考えなので3つにも4つにもなり得ます。

 

例えば

転ぶという結果に対して

転ぶ人ーーーー①

転ぶ要素ーーー②

という原因が二つ以上ないと転ばない、と考えます。

 

転ぶ人というのはもちろん自分です。

ここで細かく区別すると

自分が考えていたこと

   見ていた物

自分の動き

 ⇒歩いていた

 ⇒走っていた 等、当時の自分の状態を考えます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

△自分の状態は?何を考えていた?見ていた?

考え?  ⇒仕事のことや家族のこと

見ていた?⇒スマホなのか、上をみていたのか、下なのか

 

△どこを歩いていた?走っていた?

歩道?⇒縁石や凹凸

 

屋内?⇒足元になにがあったか、階段を上り下りしていた、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

といった具合に。

 

この中で転んだという結果に

”一番関連のありそうなもの”を選出します。

 

例えば

”仕事のことを考えながら歩きスマホをしたまま歩道を歩いていて、縁石に気が付かずにつまづいた”場合

私は歩きスマホと縁石が原因であると考えていて、

転ばないための対策としては

どちらか1つを消します。

歩きスマホなのか、縁石なのか。

となると縁石を消すのには費用が莫大にかかるので

歩きスマホをやめるといった具合に。

(縁石のある場所を意識して付近を歩くときは注意する、という手もありますが四六時中歩きながら縁石のことにまで注意するっていうのは結構難しいような・・・。)

 

 

まとめると

転んだ=転んだ自分+転ぶような要素

   =歩きスマホ+縁石

なので歩きスマホをやめよう、というのが対策に繋がるわけですね。

 

 

私は全てにおいて”原因を探る”という能力をつけると、

全く知らない分野で何か起こっても

”結果に至るプロセスを探せるので基本的なことであればすべて対応できる”

※人間のチカラでは無理なものでない限り

 

と考えています。

 

仕事でうまくいかない場合

 

仕事がうまくいかない自分環境

          =どんな状態の自分何を使っている?

                    誰とやっている?

                    周りの環境は?

 

という原因を探って、

うまくいかないという原因に一番関連づいていそうな要素をつぶします。

良いことの場合は一番いい結果に関連のありそうなことを

日頃から意識し行うこと、意識することでいいことが続く。

と感じます。

 

 

 

今回鍵を無くした私じゃ説得力はありませんかね?(笑)

 

 

担当 高橋