建築工事、左官工事のプロによるブログ

耐震補強の大切さ

おはようございます!

担当の高橋こと大ちゃんです。

 

 

先日は大きな地震があり、3.11を思い出させるような地震でした。

現地の方は不安な気持ちで過ごしているのか、と思うと

心が締め付けられる思いでした。

冬に停電というのは、想像もしたくありません。

 

さて今日は”耐震システム”についてお話させていただきます!

 

昨今地震がニュースになるようになったこの日本。

南海トラフ巨大地震の危険性、3.11、胆振東部地震阪神淡路大震災

地震大国である日本。

胆振東部地震の時は私が住む小樽、札幌近郊は大打撃を受け、

停電、物資の不足、余震におびえる毎日。

液状化による交通規制、現場STOP、信号がつかなく渋滞、真っ暗な道での事故。

今まで当たり前だったものがすべて奪われ、

生きる力を問われた日々でした。

そんな実体験を元に私は感じました。

 

安全な生活空間を確保したほうがいい。と。

避難所にも避難しましたが、やはり

不安な毎日を慣れない場所で過ごすのは相当なストレスと不安がのしかかります。

 

なので家を守るために耐久力をあげる耐震システムは大事だ、と思います。

 

耐震システムがないと

大きな揺れを2~3度受けると繋ぎ材で使われる金物やビス、釘が変形or断裂している可能性が高い

 

揺れに対応できず外壁モルタルなどに亀裂がはいっている

モルタルは耐震システムがあっても揺れに追随できず割れることがあります。

 

他にもさまざまありますが、

この2点が地震でよく問題になる箇所かと思われます。

 

2~3度大きな揺れを受けた家は基本的に耐久力が落ちています。

揺れによる金物の変形や断裂、ビスや釘などが変形や断裂している、

木材の位置が若干ずれた、などの可能性が高くて、

次の大きな揺れで倒壊する危険性が非常に高いです。

 

耐震システムが入っていない=家が大きく揺れないことを想定して作っている

とも言えますので、揺れに弱いのは言うまでもありません。

(ある程度の揺れには対応できるように作られていますが)

 

外壁モルタルの亀裂が何故よくないのか?

モルタル自体が防水層の役割を果たしています。

この防水層に亀裂が入る=家の中に水が入る可能性が高い

 

モルタルの下にはフェルト紙といって防水紙が入ってるのですが

対応年数を超えているor対応年数を超えていなくても亀裂からの浸水、様々な影響により劣化している可能性が高く、

 

家の内部を腐らせている可能性があるのです。

 

家の内部が腐っていると当然耐久力は落ちているので

大きな揺れが来ると腐っているところから倒壊する危険があります。

倒壊すると、地震に備えていた物資まで巻き込まれるので、

備えがなくなる可能性も高いのです。

 

ここまで読むと耐震システムの大事さに気づくと思われます。

 

地震の際に死亡する理由で多いのは

1:家の倒壊や家具などの倒壊に巻き込まれることによる窒息死

2:火が始末される前に倒壊してしまい、延焼、火災による一酸化炭素中毒

死亡原因はたくさんあるのですが

”家が倒壊することによる2次被害”が多くの割合を占めています。

 

明日は我が身。

賃貸の場合は耐震システムを入れる事は難しいかもしれませんが

耐震工事済みの家に引っ越す、という事を視野に入れなければいけませんね。

 

持ち家の場合は耐震システムを入れる際、補助金を受ける事ができるので

比較的安く工事ができます。

 

マンションなどのRC造の耐震補強は大きな工事になりますので

担当の工事業者さん(ゼネコンさん)に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

賃貸にしても、何にしても

耐震システムの需要が高まっていくことが想定されます。

賃貸の場合は耐震システムの有無で入居率が変わる可能性も今はありえる世の中です。

 

命を守る耐震システム、視野に入れてみてはいかがでしょうか?