建築工事、左官工事のプロによるブログ

エコカラット貼りの現場!

こんにちは!担当の高橋こと大ちゃんです。

 

ここ最近ありがたいことにたくさんの依頼を受けております!

 

そのなかでも今日は

「エコカラット」の依頼を頂いている現場をご紹介させていただきます!

現場写真は許可を頂いていますが、まだ完成していないので後日UPします!

 

 

お客様から「ピンタレスト」や「YouTube」を活用して

完成イメージをこういう風にしたい!

という要望を頂きました。

 

そのおかげか途中経過の段階でもお客様は

「イメージ通り!」と納得しているご様子。

 

もともとはTVを壁の中に収納するタイプの「ニッチ」

というのがついていて、そこに壁かけTVを収納していましたが

「お客様のイメージ」は配線が表で見えないように加工したかったのですが、

当初の建築屋さんの「プロのイメージ」では配線が見えるように加工してあり

(きっと後々配線を入れ替えたりTV入れ替えたりすることを想定したのかなと)

 

今回TVを80インチの大型に入れ替えるに差し当たって

納得のいく壁にしたい!という熱いご要望を頂きました!

 

お客様は「伝えるのって本当に難しい」と

「だから今回は画像を用意してイメージを伝えてみた」と仰っていました。

 

でもこれが大正解で、図面が出ないようなリフォームになると

お互いのイメージをすり合わせながらやるのですが、

出来上がってから「イメージと違った」

という声は多く聞きますし、ネットでも良く見かけます。

 

 

可能でしたら類似する画像をご用意の上

建築屋さんや業者さんに相談するのも一つ手です!

是非ご活用下さいませ!

 

 

 

そして現場は・・・

80インチのTVが入るニッチを作って

その真下にDVDレコーダーなどが入るニッチを作って

一番下にはお掃除機の「ルンバ」専用のニッチを作りました!

(ルンバ専用のお部屋でYouTubeから動画を見せてもらって作りました)

 

仕上がりは「エコカラット」を貼るのですが

これがまた難しくて・・・。

 

f:id:daikikogyo-co-ltd:20210417163017j:plain

↑実際に貼っているエコカラット「ストーングレース」

※公式の画像です。

 

 

エコカラットって比較的割れやすいので

タイルと違って加工が大変、目地がないのでぴったり加工しないと

意匠性がものすごく悪く見えちゃうんです・・・。

 

元々はお客様が「自分で貼ろうかな」と考えていたようですが、

ニッチの中や、配線、コンセント廻り、角の処理や加工を考えると

「プロに任せてよかった」と仰っていました。

 

80インチの大型テレビ入ってこの「エコカラット」で仕上がると

すごく高級で重厚なイメージが湧きますね!

難しいけど楽しい!そんな工事を今進めております!

 

完成したら写真UPさせて頂きますので乞うご期待!